男性ホルモン

EDセルフチェック

男性ホルモンで失敗したベン・ジョンソンの話

男性ホルモンの副作用

男性ホルモンの働き

皆さんは、かつて陸上スポーツの世界で活躍したベン・ジョンソンをご存知でしょう。彼はソウル・オリンピックをご存知でしょう。彼はソウル・オリンピックで、あの短距離走の帝王であったカール・ルイスとの対決に勝ち、当時の100メートル競走の 世界記録(ワールドレコード)を樹立しました。

しかしながら、ステロイドという違法な化学物質を投与していたことがすぐに発覚し、金メダルと世界記録もはく奪されてしまったことは記憶に新しいことです。じつはベン・ジョンソンが投与していたステロイドとは、副腎皮脂ホルモンという男性ホルモンです。

その男性ホルモンのおかげで、彼は筋肉隆々なまでの上半身を作りあげて、幻の記録となってしまいましたが、世界記録まで作ったのです。

メチルテストステロンの効果
しかしステロイドだけでなくメチルテストステロンも男性ホルモンですから、同じように連続して大量に服用すると、体毛が濃くなるだけでなく、筋肉質にもなってきます。 たまにですが、私どもの店にもボクシングの選手や競輪の選手などが、男性ホルモンを欲しいといって買いにくることが あるくらいです。

では、女性が男性ホルモンを飲んだら、どうなるのでしょうか。男性ホルモンは、男性だけに分泌されているわけではありません。

女性にも男性ホルモンが分泌されています。しかし、いわゆるオスがオスである以上は、血中の男性ホルモンが女性ホルモンよりも多く流れているからで、逆にメスの場合は、男性ホルモンより 女性ホルモンの方がたくさん流れているからです。ですから女性が男性ホルモンを飲んでも少量

ならばあまり影響はありません。しかし、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れてしまえば、話は別です。女性ホルモンより男性ホルモンが多くなれば、身体がゴツゴツしてきて、髭も生えて、男性化が進みます。 また、その反対に、男性が女性ホルモンを多く服用すれば、女性らしさが出てくることになります。筋肉が少なくなって、

脂肪分が増え、全体的に丸みを帯びたような体つきになり、胸が膨らんできたり、お尻が大きくなってなってきたりします。そのためにゲイやホモの人が、女性ホルモンを欲しいと言って、買い求めることがあるくらいです。結局、男性らしさや 女性らしさを特徴づけるのは、ホルモンだということです。 そして、その性を特徴づけるホルモンの

分泌をしている場所が、男性なら睾丸で、女性なら卵巣です。ですから、男性の場合、 睾丸の働きが止まれば、男性ホルモンの分泌が弱くなり、その結果、男性らしさがなくなってきます。男性らしさがなくなるということは、男性の男性たる理由である生殖機能も、 当然働かなくなってくるということです。男性ホルモンの減少が、精力の減退につながるのは、そのためなのです。

  • サプリメント
  • Copyright (C) 2016  ED自己チェックシート   All Rights Reserved.